お問い合わせ

ローコストでもおしゃれな平屋は建てられる!

コストをかけずにおしゃれな平屋を手に入れたいと、多くの人が思っています。
しかし、お金さえかければ住みよい家が手に入るわけではありません。予算の範囲内で、シンプルでコンパクトなマイホームを手に入れましょう。

シンプルに徹する

平屋を建てる場合には、「自由設計の平屋」と「規格住宅の平屋」があります。
自由設計の平屋は注文住宅のため、自由度が高いのが特徴ですが、価格も高くなります。規格住宅の平屋は、間取りや部屋数、仕様があらかじめ決められています。
自由設計の平屋を選ぶ場合も規格住宅の平屋を選ぶ場合も、シンプルさにこだわることでコストをおさえることができます。

平屋のシンプルの基準とは

次のようなことを参考にして、オプションをつける場合は、本当に必要かどうかを考えてつけるようにしましょう。
・断熱性能や、メンテナンスを考えると、正方形や長方形のシンプルな形状がベストです。
・廊下のスペースをとらないことで、広々としたリビングになります。
・キッチンやお風呂、洗面所やトイレなどの水回りをまとめることで、配管工事費を安く抑えることが可能です。
・壁の仕切りをなるだけ減らすことで、費用を抑えることができます。
・屋根の形は、最近では雨が流れやすくコスト面でもお得な、片流れ屋根が主流です。
・外壁には、ガルバリウム鋼板の使用が一般的です。

ローコスト平屋づくりを得意とする住宅メーカーを探す

坪単価だけではローコスト住宅とは言えませんが、平屋づくりを得意とする次のような住宅メーカーがあります。予算を建てる参考にして、詳しく調べてみましょう。

坪単価については以下のとおりです。
・40~65万円が富士住建
・45~50万円程度ではタマホーム
・50~60万円がアイフルホームとアイダ設計
・60万円がクレバリーホームとユニバーサルホーム
・70万円が日本ホールディングス
・70~80万円がヤマダホームズ
・80万円がトヨタホーム、住友不動産、大和ハウス、積水ハウス、セキスイハイム、
・90万円がパナソニックホーム、住友林業などです。

まとめ

コストをかけずにおしゃれな平屋を手に入れたいなら、どんな家を建てたいか希望を書き出し、建築予算の範囲で色々な会社のプランを比較して納得のいくプランを探しましょう。
家を建てる地域によっても、おすすめの工法やオプションが違ってきます。
建築後には追加しにくいオプションもあるので、依頼する業者がほぼ決まった段階で、「住宅へのこだわりの部分」をはっきり伝えておきましょう。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター