お問い合わせ

平家暮らしの楽しみ方は?住まいを想像しながら理想の間取りに

平家住宅は、2Fがない1F部分のみで構成された住宅で、貸切ホテルのような感覚で快適に住むことができます。老後の夫婦の住まいとしてだけではなく、ファミリーにも人気が出てきています。
平家暮らしは、通常の2F建てよりも快適に過ごせます。そこで平家住宅をより快適に設計するために、平家暮らしの生活を想像してみましょう。どのように生活していくかを考えることで、さらに自分達が快適な間取りなどをイメージすることができます。

平家暮らしの楽しいポイント

平家暮らしは、2F建て以上の戸建てや、マンション・アパートでの暮らしとはまた少し違います。平家住宅だからこその、楽しいポイントについてご紹介いたします。

バリアフリー設計

階段が無いということは、老後の負担も少なく、小さいお子様の事故の危険性も低くなります。住宅全体でバリアフリー設計がしやすく、生涯長く住んでいける住宅になります。

2F、階段の掃除が不要に

1Fのみの掃除で済むため、非常に家事が捗ります。2Fに昇り降りする必要がないこと、階段部の掃除をする必要もないことは、日々の掃除の負担を大きく減らしてくれます。

長い庇が心地よい空間にする

平家住宅の場合には、庇を長く設計することが多いです。庇を長くすることにより、室内へ強い日差しが直接入り込まなくなり、快適な室温を保持してくれます。風通しも良いため、健康的な生活を送ることができます。

庭が住まいの一部に

平家住宅では、庭へのアプローチを取り入れることで、生活範囲に広がりができます。晴れの日には、庭でくつろいだり、BBQなどをして楽しんだりすることもできます。
庭をどのように利用するかも、住宅設計に強く関わってきます。

洗濯はそのままお庭で

1Fで洗濯機を回し、2Fのベランダで干す必要がありません。無駄な動きが少なく、時間にもゆとりができるようになります。

平家での生活は、これらのポイントのように、家事を効率的にこなすことができ、広々を快適に住むことができます。

平家で不便に感じることは?

平家で不便に感じることも念頭に入れておき、デメリットをなるべく解消するような住宅づくりを行うことで、住んでからの不満が少なくなります。

部屋数が少なくなる

1Fのみの作りのため、部屋数は少なくしなければいけない状況が多いです。4LDKの間取りを作りたい場合などは、リビングを小さくしなければならないため、土地や建物の坪数をあらかじめ考慮しましょう。

コストの問題

平家住宅は、基礎部分を広く、屋根も大きくしなければいけません。そのため住宅コストは、通常の2F建て住宅よりも高くなる傾向にあります。

平家住宅は、どのような生活を送りたいかをイメージし、それらを実現できるよう設計していきましょう。不便に感じないように、部屋数などの問題もあらかじめ考慮しておくことで、後悔のない住宅プランを立てることができます。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター