お問い合わせ

平屋は本当に耐震性が高いのか?平屋の耐震性について解説

日本は地震の発生率が高いので、

近年は特に耐震性を高めた住まいづくりが重要になってきています。

これから新築の住まいを建てる方も、

耐震性については絶対条件としているでしょう。

今人気の平屋は、耐震性が高い住まいとされていますが本当なのでしょうか。

この記事では、平屋の耐震性についてまとめています。

この記事は、次のような人におすすめです!
・平屋の耐震性について知りたい
・平屋の耐震性が高いと言われる理由が知りたい
・平屋を建てようと思っている

平屋の耐震性が高いと言われている理由は?

平屋とマンションを比較

平屋の場合

なぜ平屋の耐震性が高いと言われているのかというと、

とてもシンプルな構造をしているからです。

平屋は、正方形や長方形の形をした住まいがほとんどで、

この形が振動を分散させやすいことから、地震に強いと言われています。

地震があると横や縦に揺れますが、振動が小さければ建物が倒壊するリスクも減るのです。

複雑な形をしていると、力が一部にかかってしまうので、

倒壊のリスクが高くなってしまいます。

耐震性の面で見ればできるだけシンプルな造りのほうが安心できると言えるでしょう。

また、平屋は建物が低いので、揺れが少ないということも耐震性が高いとされる理由です。

地面から離れた部分が少ないので揺れはおさえられ、倒壊のリスクも減らせます

マンションの場合

マンションに住んだ経験がある方は、

地震の際に揺れが強く感じられた経験があるでしょう。

地震は地面から揺れが伝わってくるので、高い場所ほど揺れが大きいです。

2階建てが危ないわけではない

平屋の耐震性が高いと聞くと、2階建ては危ないの?

と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。

地震に強い住まいを建てたいなら、土地探しも重要です。

土地がしっかりしていない場合は、いくら平屋でも倒壊のリスクは出てきます。

また、建物の構造も耐震性と関係しますので、耐震性の高い住まいを建てたい場合は、

耐震等級3という標準基準をクリアした施工をしている会社を見つけて依頼しましょう。

耐震等級は、建物が地震にどれくらい強いかをあらわしています。

このランクが3あれば耐震性が高い住まいと言えるので、目安にしてください。

土地に関しては、きちんと地盤調査を行って探すのが安心です。

まとめ

平屋の住まいは耐震性が高いですが、

土地や建物の構造でも耐震性は変わります。

また、平屋でも複雑な形にしてしまうと耐震性は変わるので、

設計や施工を依頼する際は、耐震性の高い平屋を建てている会社に依頼するようにしましょう。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター