お問い合わせ

新築一戸建てで理想的な間取りにするためには?

新築一戸建てにおいて、理想的な間取りにしたいと思うのは当然のことです。新築一戸建てを購入するだけでなく、間取りについてもしっかりと考えることが大切です。 そこで、新築一戸建てで理想的な間取りにするにはどうすれば良いのかをご紹介していきます。間取りで失敗しないように、ぜひ参考にしてみてください。

理想的な間取りにするために

新築一戸建てでは、どのような間取りにすべきなのか知りたいのではないでしょうか。ライフスタイルや家族構成によって、それぞれ違うことも多いです。新築一戸建てで理想的な間取りにするには、以下の点を意識してみましょう。

夫婦のみの場合

現在は新築一戸建てに夫婦お二人で住む場合でも、この先お子さんが生まれる可能性もあります。そのため、まずはお子さんを何人生む予定かをお二人でよく相談しましょう。

お子さんが一人だと3LDKでも良いでしょうが、二人以上で男の子と女の子両方が生まれる場合に備え、4LDKの間取りにするのも良いと言えます。

すでにお子さんがいらっしゃる場合

すでにお子さんがいらっしゃる夫婦であれば、お子さんの成長具合に合わせてそれぞれの部屋を用意するのがおすすめです。 ただし、3人以上のお子さんがいれば部屋が多いとその分予算も高くなりますし、広い土地、広い家でなければ難しいため、その点についてもしっかりと話し合うことが大切です。

ご両親を介護予定の場合

人生100年時代であることから、誰もがそのことを考慮しなければなりません。そのため、ご両親を自宅で介護する予定のある方ならば、バリアフリーに対応可能な新築一戸建てにするのも方法です。 一部をバリアフリーにするか、全体をバリアフリーにするかで予算も変わるので、その点も考慮するようにしてください。4人家族ならば間取りは3LDK~4LDKで十分ですが、将来的にご両親を自宅で介護をする予定でしたら、玄関付近に余分に一部屋用意しておくのがおすすめです。

新築一戸建ては将来のことを考えた間取りにする

新築一戸建てにおいては、将来のことを十分に考えた間取りにするのが理想です。高額なマイホームですし、容易に住み替えできるものではありません。

ですので、今の状況だけで必要最低限の間取りで済ませてしまうと、いずれ窮屈さや不便さを感じてしまいます。 もちろん予算に限りはあるでしょうから、ぜひ予算の範囲内で理想の住まいを手に入れられるようにしてください。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター