お問い合わせ

新築一戸建てにかかる諸費用は約10%!内訳まとめ

 

新築一戸建てを表示価格を見て購入しようとして、問い合わせたところ「諸費用に10%程度かかる」と言われて驚いた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

数千万円する10%ですからかなり大きい金額になります。諸費用の内訳について、何にどれくらいかかるのかご紹介いたします。

 

 

 

 

住宅取得にかかる費用

 

住宅取得にかかる諸費用は以下の通りです。

 

・印紙税

印紙税は、売買契約書に印紙を貼って納税します。住宅価格によりますが、1,2万円程度かかります。

 

・仲介手数料

仲介手数料は、売買の仲介会社に支払う手数料になります。仲介手数料は上限が定められており、(売買価格×3% + 6万円) + 消費税となっております。

例えば3000万円の価格であれば、11万円ほどかかります。

 

・登記費用

登記費用は、土地と建物の所有を証明するための不動産登記手続きを行うための費用になります。司法書士に委託することが一般的で、30~50万円程度かかります。

 

・不動産取得税

不動産取得税は、不動産を取得した際にかかる税金です。固定資産税評価額×4%がかかります。新築戸建て住宅の場合には、3%に軽減される制度があります。

 

・火災保険料

住宅を購入した場合には、火災保険に入ることが一般的で、住宅ローンを組んだ場合には加入が義務付けられています。保険内容によりますが、2000万円程度の木造住宅で保証期間10年の最低保証に加入で25万円ほどかかります。

 

(その他費用)

・引っ越し費用

引っ越しの費用も10~30万円程度かかります。世帯人数や距離、引っ越し会社により金額が違いますので、相見積もりを取ってみることをオススメ致します。

 

・家具家電費

新居に引っ越してから、家具家電を一新するという方も多いです。家具家電や食器、机などを揃えていくと思っていたよりも高額になります。冷蔵庫で20~30万円などすると考えると、余裕を持って100万円程度は見積もっておいた方が良いです。

 

表示価格だけではなく、諸費用で10%、家具家電、引っ越し費用も入れると、最低でも300万円以上は用意しておいた方が安心です。事前に予算に組み入れておきましょう。

 

注文住宅で余分に見ておく費用

・地盤改良工事費

地盤調査で改良工事が必要になることがあります。50~100万円程度上乗せされることがありますので、念頭に入れておきましょう。

 

・外構工事費

注文住宅の場合には、外構工事費も別途見積もっておきましょう。最低でも100万円以上はしますので、設計前に予算を立てておきましょう。

 

これらは注文住宅を建てる上で、見逃しがちな工事項目になります。契約段階で知らずに進めてしまうと、予算が足りずに生活を圧迫してしまうことになりますので事前の設計段階で、工事会社にすべての費用項目の概算を教えてもらいましょう。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター