お問い合わせ

新築一戸建てに住む上で知っておきたい予算・諸費用

憧れの新築一戸建てを持ち、魅力的な家に住みたいとお考えの方も多いと思います。家は人生において最も高額な買い物と言われるほど、お金がかかります。

新築一戸建ては特に高額となるため、まず予算・諸費用についてどれくらいかかるのか知っておく必要あります。

ここでは、どれくらいのお金が必要なのかご紹介していきます。

新築一戸建てにかかる費用は?

地域にもよりますが、新築一戸建てにかかる費用として、土地付きの注文住宅だと平均3,500万円~4,000万円ほどかかります。建物だけだともう少し安く手に入れられますが、それでも2,000万円~3,000万円は計算しておく必要があるのです。

施工内容によっては2,000万円以下に抑えることも可能ですが、機能性や利便性などを考えると、上記の費用はどうしてもかかってしまいます。

ですので、中古物件と違い、新築一戸建ては高額の費用がかかるということをまずは理解する必要があるでしょう。

家を建てる際は諸費用もかかる

新築一戸建てを購入するとなれば、土地代や建物代の他に、諸費用もかかります。
そのため、以下でどのような諸費用がかかるのかをご紹介します。

手付金

手付金は、新築一戸建てを購入する際の売買契約時に必要なお金です。
相場は、物件価格の5%~10%程度の費用と言われています。4,000万円の物件価格の場合、200万円~400万円になります。
ただし、手付金は前金にあたるため、物件価格から最終的には差し引かれますので、一時的に預けておくというイメージです。

登録免許税

登録免許税は、不動産の登記時に納める税金です。
相場は、下記になります。
・住宅購入の際に土地も買う場合には土地の評価額の2%
・建物を新築した場合は0.4%
また、住宅ローンを利用する場合は、別途費用が必要な場合があります。

司法書士への支払代金

登記手続きを司法書士に依頼する際に必要な費用です。基本的には、不動産会社から紹介される司法書士に依頼することが多いです。
司法書士への支払代金は、10万円~20万円ほどです。

印紙税

新築一戸建てに関する売買契約書には、文書が必要となります。その際に印紙を貼り提出しますが、それを印紙税と言います。
印紙代は契約金額によって金額が変わります。1,000万円から5,000万円までの場合、印紙税は20,000円となります。
また、印紙税は支払方法が現金納付に限られるため、注意が必要です。

仲介手数料

仲介会社を通じて新築一戸建てを購入する場合、仲介手数料がかかります。仲介手数料の計算方法は、物件価格×3%+6万円です。
つまり、4,000万円の物件ですと、126万円の仲介手数料がかかる計算です。

不動産取得税

土地、建物などの不動産を取得した際には、不動産取得税がかかります。
不動産取得税の計算方法は、固定資産税評価額×4% です。毎年支払い義務のある固定資産税とは異なり、不動産取得税は不動産を取得した際に1度だけ支払います。

以上、新築一戸建てを購入する際はこれらの諸費用がかかります。その他、火災・地震保険への加入費などもあるのでシミュレーションをしておくといいでしょう。

予算・諸費用を把握し知識を蓄えておくことが大切

新築一戸建てを購入する場合、予算・諸費用についても正しく理解しておくことが大切です。いつ、どこの支払うかを明確にして資金計画を立てておきましょう。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター