お問い合わせ

注文住宅の打ち合わせで成功するためのコツについて解説

注文住宅を建てる際は、何回も打ち合わせを行います。

この打合せをしっかりと行っていないと、完成した注文住宅が理想と違った・・・

ということが起こってしまうのです。

そのため、打ち合わせはしっかり準備して行ってください

では、どのようなことに注意すれば打ち合わせを成功させることができるのでしょうか。

打ち合わせのコツをまとめておきます。

この記事は、次のような人におすすめです!
・打ち合わせを円滑に進めたい
・注文住宅を建てる前の準備について知りたい
・注意点などがあれば知りたい

注文住宅の打ち合わせはどのような流れで行われるのか

注文住宅の打ち合わせは、まず土地を決めることから始まります

すでに土地がある場合は、ここは省きますが、土地探しからされる方も多いです。

そして間取りの打ち合わせを何度か行い、間取りを決定します

それから内装や外観などのデザイン設置する設備など仕様を決めます。

最後に、コンセントの位置や照明器具、外構や駐車場も決めます。

  • 土地を決める
  • 間取りを決める
  • 内装や外観などのデザインを決める
  • 設置するせ設備を決める
  • コンセントの位置や照明器具、外構や駐車場を決める

注文住宅の打ち合わせのコツ

注文住宅の打ち合わせで時間を取ってしまいやすいのが、間取りや内装、外観、設備などです。

これらは、家族全員の意見を出し合って、予算に合わせて決めていかなければいけません。

施工業者と話し合いをする前に、家族内の意見を一致させておくことは大事です。

話し合いを始めてから家族の意見がバラバラだと話がまとまりません。

まずは、家族で話し合い、意見をノートにまとめておきましょう。

それを施工業者に伝えて、予算内でできること、できないことなどを相談していきます。

これらの打ち合わせにかけることができる期間は2ヶ月から3ヶ月ほどです。

ダラダラしすぎてしまうと、なかなか決まらず疲れてしまうので、期限を決めて行いましょう

  • 家族の意見をノートにまとめておこう!
  • 長引くと疲れてしまうので期限を決めよう!

予算オーバーになった場合

打合せで要望を伝えたら、予算を超えてしまった・・・

ということも起こりえます。

そのような場合は、妥協しなければならないことも出てきますので、

あらかじめ絶対譲れないポイントと妥協できるポイントについても家族で話し合いしておきましょう。

そうすれば、予算内におさめやすくなります。

まとめ

注文住宅の打ち合わせで失敗しないためにできることは、

家族間の話し合いをしっかりとしておくことと、

予算を超えた場合、どこを妥協できるか決めておくことです。

これは家族でしか決めることができません。

施工業者が決めるわけにはいかないので、提案を聞いて、

どのようにするのが良いかすぐに決めるためにも、

家族でしっかり話し合いしておきましょう。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

新築を中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター