ゼロエネルギーの家 | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約

省エネから創エネ/ゼロエネへ。暮らしのエネルギーを家でつくる

ゼロエネルギーの暮らし

暮らしのエネルギーを家で作る。国の省エネルギー施策が掲げるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に注目が集まっています。
ZEHの家とは建物の高断熱+省エネ+創エネにより、暮らしで使う家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいのことです。
国では2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。
スーパーウォールの家もこのテーマに積極的に取り組んでいます。
太陽光発電や省エネ設備に頼りすぎることなく、家全体の性能を高める事で健康で快適に暮らせるZEHの家を実現する事ができます。

暮らしのエネルギー・光熱費をゼロに。健康で快適なZEHの家づくり

ゼロエネルギー収支

電気代などの光熱費がかからない、暮らしのエネルギーを自給自足できる、エコでお得な家が実現できる時代になりました。
太陽光発電を取り入れた住宅は以前からありましたが、ZEHは家の断熱性を高め、省エネや創エネ設備を導入する事でエネルギー収支ゼロを目指す住宅です。
エネルギーの自給自足ができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。

※一次エネルギーとは
一次エネルギーとは、発電のために必要な石油や石炭、天然ガス、水力、太陽光などの自然界から得られるエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガソリン、都市ガスは二次エネルギーと呼びます。

ZEHの住宅性能はどれも同じではありません

ZEH住宅性能の違い

ZEHの家づくりには、クリアしなければならない断熱性基準があります。しかしそれはあくまでも最低基準であり、性能にはバラつきが生まれます。
例えば、上記の図で紹介するAとBは、どちらもZEH基準をクリアした住宅です。Bは決められた断熱基準にとどめ、省エネ・創エネ設備を強化することでエネルギーゼロ収支を実現しています。
これから建てる家として、専門家もAをおすすめしています。
スーパーウォールの家において推奨している断熱性能は、ZEH仕様の省エネ基準よりさらに上の「HEAT20 G1・G2」グレードです。
これは2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)が推奨する断熱性能の水準で、ムダなく、健康で、快適に暮らすために必要な住宅の断熱性として示されたものです。

スーパーウォールによるZEHの家なら13万円以上の水道・光熱費を節約

ゼロエネルギーで光熱費ダウン

スーパーウォールで建てるZEHの家は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を39%削減することが可能です。さらに、水道費においても39%の削減が行え、全体で39%の水道・光熱費を削減。年間で130,850円の節約を実現することができます。
また、年間の光熱費軽減だけではなく、すぐれた耐久性や耐震性によって、劣化によるメンテナンスや災害時の修繕など、維持管理費のリスクをも軽減します。
ZEHの家づくりは、一般的な住宅に比べて初期費用は多くかかりますが、光熱費やメンテナンス費用の軽減など「生涯住宅費」という長い目でみれば、健康4で快適に暮らせるZEH住宅は賢い選択といえるのではないでしょうか。