平屋を建てるときに後悔しないためのポイント|千葉での建築事例も | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約
リビングの間取り

平屋を建てるときに後悔しないためのポイント|千葉での建築事例も

マイホームは一生に一度の大きな買い物なので、家族みんなが気に入って快適に生活できるような家を建てたいですよね。最近は平屋の人気が高まっていますが、1階建てならではの注意点もたくさんあります。平屋を建てるときに後悔しないためのポイントと千葉での建築事例をご紹介します。

 

◼ 平屋とは

ナチュラルな家

平屋という言葉を聞いたことがあっても、どのような家のことを平屋と呼ぶのか、その定義が分からないという人もいるかもしれません。平屋は、建物を階数によって区分するときに1階建ての家のことをいいます。平屋には昔ながらの日本家屋のイメージがあるかもしれませんが、最近また人気が出ている建築方法となっています。平屋を建てる際には、事前に後悔しがちなポイントなどを押さえておくようにしましょう。

 

◼ 平屋でよくある後悔ポイント

広々とした平屋

家を建てるときには、入念に打ち合わせを行って最高の仕上がりを想像していたとしても、実際に住み始めると「○○にしとけば良かった…」といった後悔をすることも出てくることもあります。家を建ててから後悔することを避けるために、実際に平屋を建てた人が「後悔した…」と感じたポイントを知っておくことで自分の家づくりに反映させることができます。平屋でよくある後悔ポイントについてご紹介します。

 

・収納が少ない

平屋は広い土地を確保できる郊外や田舎の方で建てられることの多いイメージですが、狭い土地でも「どうしても平屋を建てたい」と思っている人もいるかもしれません。平屋は1階建てのつくりの家なので、同じ敷地に2階建ての家を建てるよりも約半分の床面積になってしまいますよね。そのため収納スペースが少なくて後悔しているというのはありがちなパターン。好きで平屋を建てたとしても、収納が少なくなかなか部屋が片付かないといった状態になってしまうようなことは避けたいものです。デッドスペースを活かして収納スペースを作ったり、マイホームに住み始める前に持ち物を減らしたりと、事前に対策を考えておくようにしましょう。

 

・他の部屋の音が気になる

平屋は1階建ての家なので、リビングやダイニング、キッチン、お風呂、トイレ、寝室、子供部屋など、全ての部屋が同じフロアに存在することになります。そのため静かに過ごしたいときや何かに集中したいときに他の部屋の音が気になってしまうことも考えられます。例えばリビングでの話し声が寝室まで聞こえてきたり、水回りの音が気になってしまったり。自宅で仕事をしているときに子供の声が響いてくると集中できないといったこともあるかもしれません。平屋で間取りを考えるときには、生活スぺースと、寝室や書斎などを離すなどの工夫をするようにしましょう。

 

・外からの視線

平屋は建物の高さがないため、外から家の中が見えやすいことにも注意が必要です。家の前の道を歩いている人と目が合ったり、日中カーテンを開けていると他の家からの視線を感じたりといったことも考えられます。また平屋の家ではリビングに大きな窓が設置されていることがよくありますが、開放感を得られる一方で外からの視線を感じやすいデメリットにもつながりかねません。中庭を設置してリビングを中庭に面するような間取りや、家のまわりに外構を設置したり木を植えたりといった工夫で視線を感じないようにすることをおすすめします。

 

・日当たりが悪い部屋がある

平屋建てのデメリットとして、日当たりが悪い部屋が出てくることがあげられます。狭い土地に平屋を建てる場合はむしろ全ての部屋に窓を作ることができることもありますが、広い土地に平屋を建てる場合は家の中心部にあたる部屋には窓を設置できないことも。他の部屋からの採光を取ることができれば問題ありませんが、全く採光を取れない場合は日当たりの悪い部屋ができてしまうことになります。例えば家の形を横長にして全ての部屋で日当たりが良くなるようにしたり、中庭を作ったりすることでデメリットを解消することもできます。また近くに大きなマンションや2階建て以上の家が建つと、家の中心部以外の部屋でも日当たりが悪くなってしまう可能性があります。既にまわりにも家があるような場所を探してみることも対策の一つだといえます。

 

・プライベート空間

平屋の家では1つのフロアに全ての部屋が集約されているため、開放的な空間にするために壁や間仕切りを少なくするケースもあります。家族とコミュニケーションを取りやすいメリットがある一方、プライベート空間を保ちにくいデメリットにもなります。お子様が小さいうちは良かったとしても、思春期や反抗期になると気になることもあるかもしれません。家の中の間仕切りを少なくしすぎるのではなく、個人の空間も作ることでメリハリのある生活を送ることができることでしょう。

 

・水害への対策

平屋は高さがないため重心が低く、安定感のある構造になっています。そのため地震に強く強風への耐性もあるのが平屋の良いところですが、水害に関しては大きな弱点となります。2階建て以上の家では、1階部分が浸水しそうになっても2階に逃げることができますが、平屋では家の中に逃げ場がありません。津波が発生したときのリスクも高いため、水害や台風などにはしっかり対策をしておく必要があります。家を建てる予定のエリアのハザードマップを確認する、もしものときの避難場所を知っておく、など。また火災保険の中の水災補償を付けておくこともおすすめです。

 

・家事動線

平屋の家では、階段の上り下りがないため家事の動線がスムーズなのでは?と思うかもしれません。しかし仕切りの少ない開放感のある空間にしたいという思いが強いがゆえに、家事動線のイメージが疎かになってしまうこともあります。間取りによって家事動線は大きく異なり、家事に取られる時間も変わってきます。家づくりの打ち合わせの際には、実際に住んで家事を行う様子を具体的に想像してから間取りを決めるようにしましょう。

 

◼ 平屋で後悔しないためには

中庭に面した和室

せっかく念願の平屋を建てても、後悔するポイントがいくつもあると悲しいですよね。平屋で後悔しないためにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。

 

・住環境や安全性を確認

平屋を建てる際には、外からの視線が気になったり水害に弱かったりといったデメリットに対する工夫を行う必要があります。住環境に関しては家の周りの人通りや交通量の多い時間帯を調べておくこと、安全性に関してはハザードマップや避難場所を確認しておくことなど。家の中のデザインや機能性にこだわることも大切ですが、事前に把握できる情報である住環境や安全性についても意識を回すようにしましょう。

 

・間取りを工夫

平屋といえばこの間取り!といった理想がある人もいるかもしれませんが、家の間取りは住む人に合ったものにするのが一番です。今はインターネットでたくさんの情報を得られる時代なので、実際の平屋の事例を見て自分たちに合った間取りを探すようにしましょう。

 

・家族で要望を共有する

平屋に限らず家づくりの際には重要なポイントとなるのが、家族で要望を共有するということです。家は家族みんなが生活する空間なので、誰か一人の要望を濃く反映させるのでもなく、親のため子供のためだけの要望を反映させるのでもなく、みんなが快適に暮らせるようにしたいものです。家族がそれぞれの立場で、「今」の要望や将来のことを考えた要望を出し合って、共有した上でイメージを作り上げていくようにしましょう。

 

◼ 千葉県での建築事例

Fun’s life homeは千葉県と茨城県でお客様の家づくりをお手伝いしている会社です。実際に千葉県で建築した家の事例をご紹介します。

 

・表情豊かに暮らす家

白を基調とした外観

こちらは千葉県香取郡東庄町での建築事例です。白を基調とした中に木目調のデザインが生える素敵な外観に仕上がりました。中庭にはテーブルと椅子を置いてくつろげる空間になっており、家の中と外のつながりを感じることができます。

実際の建築事例はこちら

 

・素足で歩きたくなる自然素材の家

自然素材の家

千葉県銚子市にあるこちらの家は、自然素材をふんだんに使っているのが特徴。家の中はナチュラルなデザインになっており、木の床は素足で歩くと木の温かさを感じることができます。

実際の建築事例はこちら

 

・家族みんなが笑顔で過ごせる平屋

和風な平屋

こちらは千葉県での事例ではありませんが、自然素材を使った平屋の建築事例です。和風な外観ですが、家の中は自然素材をたくさん使ったシンプルなデザインとなっています。平屋ならではの開放感を感じながら、家族が笑顔で過ごせる平屋に仕上がりました。

実際の建築事例はこちら

 

・夫婦の絆を形にした家

平屋の事例

こちらも千葉県ではなく茨城県の事例ですが、和風な平屋の建築事例です。広々としたリビングの中に小上がりの和室があり、落ち着く空間となっています。平屋でありながら、はしごを使って上に上がることができるので、同じような設計にすることで収納スペースを確保することができます。

実際の建築事例はこちら

 

◼ まとめ

シンプルなリビング

平屋を検討している人にとって、実際に平屋を建てて住んでいる人の声は気になりますよね。住み始めてから後悔することのないような家づくりをするためにも、よくある後悔ポイントと後悔しないための注意点をご紹介してきました。平屋は魅力的なところがたくさんある一方で、1階建てというつくりゆえにデメリットも存在します。デメリットを補完しながらメリットを活かせる家づくりをご提案できるよう、Fun’s life homeではお手伝いさせていただいております。千葉県と茨城県で平屋をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
ご住所 任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

来場予約

資料請求