ムダのない小さい家の間取り実例|茨城県のおしゃれなコンパクト新築住宅 | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約
平屋の事例

ムダのない小さい家の間取り実例|茨城県のおしゃれなコンパクト新築住宅

シンプルな総二階の外観

夢のマイホームはできるだけ大きく作りたくなるものですが、小さい家の方が暮らしやすいケースも少なくありません。「小さい家しか建てられない…」と肩を落とすのではなく、小さくても暮らしやすいジャストサイズの間取りを考えてみましょう。

今回は30坪以下のコンパクトな新築住宅の間取りや、小さくても暮らしやすく仕上げる工夫などを紹介します。

 


目次
■小さな家の方が暮らしやすいケースもある
■小さい家を建てるメリット
■小さな家づくりの注意点と対策
■小さな家の新築間取り実例
■小さな家を暮らしやすくする間取りの工夫


 

■小さな家の方が暮らしやすいケースもある

「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、マイホームにかんしては大きければ良いというものではありません。

大きすぎる家は掃除や手入れが行き届かず、光熱費や税金などの負担も増加します。もちろん小さすぎると暮らしにくくなるケースもありますが、コンパクトな家の方がマッチするケースも多いです。

家族のライフスタイルに合わせて良く検討し、ジャストサイズで暮らしやすいマイホームづくりを目指しましょう。

 

■小さい家を建てるメリット

自由設計の家の外観

住まいにかんしては、小さく建てるメリットがたくさんあります。意外な物も多いですから、一つずつ見ていきましょう。

 

・費用を抑えられる

土地取得費用、建築費用を抑えられるのは、小さい家の最大のメリットといって良いでしょう。小さく作って浮いた分の費用を、設備や建材のグレードアップにあてて暮らしやすくすることもできます。住宅ローンの支払い額や期間を調整することもできるため、無理のないライフプランを設計できるのもメリットです。

 

・効率の良い暮らしが送れる

コンパクトな家は上手に間取りを作れば、必要な物にサッと手が届く効率の良い暮らしを送ることができます。お掃除の面積が減り、ホコリやゴミの量も少なくなるのもうれしいポイントです。家事動線を短く設計すれば、洗濯や食事の準備・配膳にかかる時間も短縮できます。

 

・庭や駐車場を広くとれる

建物をコンパクトにすれば、その分土地を余らせてガーデニングを楽しんだり、広い駐車場を作ったりすることができます。車の出し入れにも余裕ができるため、運転になれていない方や初めて招くお客さんが停めるときも安心です。

 

・外壁塗装が安い

住まいのメンテナンスとして一番大きい外壁塗装の費用が安くなるのも、将来的なメリットの一つ。コストが安い分早めのサイクルでメンテナンスすれば、雨漏れなどにリスクを抑えることもできます。

 

・土地の選択肢が多い

小さな土地も視野に入れると対象物件数が増えるため、理想の環境や価格の土地を見つけやすくなるのも魅力的なポイントですね。マイホームの満足度は間取りやデザインだけでなく周辺環境も大きく影響します。

 

・老後も無駄がない暮らしを送れる

小さい家はお子さんが巣立ったあとも無駄なスペースが少なく、老後も暮らしやすいのが特徴です。大きな家を減築するのはお金がかかりますが、コンパクトな間取りならそのままスムーズに2人暮らしに移行しやすいです。

 

・固定資産税が安い

土地と建物の評価額をもとに算出される固定資産税は、小さい家ほど基準も小さいので安く抑えられます。毎年支払い続けるランニングコストですから、長年積み重なると大きな金額差になるケースもあります。

 

・光熱費が安い

小さな家はお部屋の体積も小さくなるため、冷暖房効率が良く光熱費を安く抑えられます。窓の数と面積が小さいので、外気の影響を受けにくいのも省エネにつながるポイント。

 

■小さな家づくりの注意点と対策

メリットと魅力がたくさんある小さな家づくりですが、注意すべき点もあります。間取りの対策とセットで覚えて、暮らしやすい家づくりに役立てましょう。

 

・収納が不足しやすい

住まいの悩みとして上位に挙がることが多い収納不足は、小さい家だとさらに発生しやすくなります。居住スペースと収納スペースのバランスが難しく、お子さんの成長で荷物が増え収納不足になるケースも多いようです。

 

【対策】⇒デッドスペースを有効活用

小屋裏収納のはしご

小さい家の収納不足対策としては、屋根裏や階段下など、本来デッドスペースとなる空間を収納に有効活用しましょう。

本来使われない空間を活かすことで、居住スペースを圧迫せず収納を確保できます。収納のためだけの部屋なら、壁紙やフローリング仕上げを省略してコストを抑えることも可能です。

 

・間取りづくりが難しい

大きな家づくりが簡単なわけではありませんが、小さい家で効率の良い間取りを作るのはかなり難易度が高いです。ハウスメーカーや施工店の実力によって暮らしやすさに差が出やすいのは、要注意ポイントといえます。

 

【対策】⇒小さい家の実績があるところで建てる

小さい家の外観

何事も経験、というのは家づくりにおいても言えることです。小さくても暮らしやすい家づくりを目指すなら、私たち施工店の実績に注目してみてください。

小さい家を建てた実績がたくさんある施工店は、経験をもとにした手厚いプランのサポートが期待できます。

 

・来客を招きにくい

小さい家は恥ずかしい、という先入観を持っている方も多く、お客さんや友人を家に呼びにくいと感じるケースもあるようです。専用の客間を作るのも難しいので、お客さんをどこに通したら良いか分からないというケースも。

 

【対策】⇒LDK中心のライフスタイルを検討

ひろびろしたリビングの間取り

来客用の応接室を設けるのが難しい場合は、なるべく大きなLDKを作るとお客さんを通しやすくなります。小さな家でもLDK中心のライフスタイルにすれば、寝室を小さくするなど全体でバランスを取ることができます。間取りの工夫次第で開放的なリビングにすることもできますし、毎日の生活をより快適に過ごせるのもメリット♪

 

■小さな家の新築間取り実例

 

事例① 平屋:23.24坪

小さな平屋建ての外観

お子さんが巣立った夫婦2人暮らしなら、コンパクトな平屋暮らしがピッタリ。

 

天井の高いリビング

部屋数を減らした大きなリビング中心の間取りなら、友人を招くときも気兼ねがありません。畳の小上がりやおしゃれな梁見せ天井など、こだわりのデザインも小さな家なら選びやすいですね。

 

【夫婦の絆をカタチにしたやさしい家】

 

 

事例② 二階建て:28.25坪

コンパクトな新築外観

コンパクトな二階建ての外観は、パステルカラーで可愛らしいデザインに。

 

対面キッチンから見たリビング

対面キッチンのひろびろリビング中心の生活なら、家族が集まっても圧迫感がありません。

 

パステルカラーの可愛い居室

お部屋にもパステルカラーのアクセントを入れて、小さくても明るくさわやかなお家になりました。

 

【離れを建て替え パステルカラーの家】

 

 

事例③ 25.87坪

ぐるりと一周できるLDK

30坪以下のコンパクトな二階建てですが、ぐるりと一周できる効率の良い間取りで家事ラク動線を実現しています。

 

キッチンから洗面に抜けられる扉

キッチンから洗面所への扉を設け、そのままリビングに戻れる間取りは、移動しながら複数の家事をこなせます。

 

吊戸棚のない対面キッチン

吊戸棚のない対面キッチンは、解放感のあるLDKにつながっています。カウンター下も収納にするなど、細かい工夫も欠かしません。

 

【ラクラク家事動線 25坪の家】

 

 

■小さな家を暮らしやすくする間取りの工夫

住宅模型

最後に、小さな家でもスマートな生活を送るためのアイデアをご紹介します。

 

・ダイニングソファ

最近はダイニングテーブルを省略してソファで食事をとる、「ダイニングソファ」の考え方が増えてきています。少し高めのテーブルとソファの組み合わせで、食事からテレビ鑑賞までこなすレイアウトですね。

4人掛けのダイニングテーブルがなくなるとかなり省スペースになりますので、LDKを広く使うことができます。

 

・コンパクトな寝室

昔は子供部屋や寝室といえば6~8畳で作るのが当たり前でしたが、最近は寝るだけと割り切ったコンパクトな寝室も人気。特にスマートフォンの普及でお子さん世代はテレビを見ませんし、リビング学習を活用すればコンパクトな子供部屋でも問題ありません。

各部屋を少しずつ小さくしてリビングを広く取れば、小さい家でも家族が集まるコミュニケーションリビングをつくれます。

 

・廊下のない間取り

戸建て住宅といえば各部屋を廊下がつなぐ間取りが一般的でしたが、最近はリビングを回廊のように使う廊下のないレイアウトも増えています。廊下を省略できるとかなりの省スペースになりますし、必ずリビングを通ることで自然にコミュニケーションが生まれるのもメリット。数年後に思春期を控える子育て世代の方は、ぜひ検討してみてください。

 

■まとめ:小さい家は間取りの工夫で暮らしやすく仕上げる♪

コンパクトな新築の外観

家族にピッタリ合わせたジャストサイズの家づくりは、コストを抑えて効率的な暮らしができるおすすめの選択肢です。小さくても間取りの工夫で理想のマイホームに仕上がりますので、私たち施工店と一緒にじっくり考えてみましょう。

ファンズライフホームは創業100年以上の経験をもとに、お客様にピッタリなプランをご提案します。千葉県・茨城県の住まいづくりは、ぜひお気軽にご相談ください。

ファンズライフホームのスタッフ

【私たちが住まいづくりをサポートします】

 

ファンズライフホームの自由設計

【ファンズライフホームの会社概要】

 

■定額制自由設計プランで、コストを抑えて理想の住まい♪

ファンズライフホームでは、坪数に応じた定額制の住まいづくり「JEKE BOX」をご用意しています。30坪以下のコンパクトな間取りを、1000万円台で自由に設計できるおすすめのプランです。

価格だけでなく耐震・省エネなど性能面にもこだわった、私たち自慢のプランですので、こちらもぜひチェックしてみてください♪

定額制ローコスト住宅 JUKE BOX

定額制ローコスト住宅

【JUKE BOXの詳細はコチラ】

お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
ご住所 任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

来場予約

資料請求

オンライン相談

LINEで質問