30坪の家でものびのび暮らす間取りの工夫|千葉県の2階建て新築事例 | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約
ナチュラルなリビング

30坪の家でものびのび暮らす間取りの工夫|千葉県の2階建て新築事例

ひろびろしたLDKの間取り

新築住宅の間取りを考えるとき、30坪という広さを一つの目安にする方も多いのではないでしょうか。しかし、初めての住まいづくりでは、どれくらいの広さが必要になるかイメージが難しいですよね。

今回は30坪の家を暮らしやすくするためのテクニックや費用相場について考えてみたいと思います。後半では実際の30坪新築事例もご紹介しますので、これから新築住宅を検討する方は一つの目安として参考にしてみてください。

 


目次
■30坪ってそもそも広い?狭い?
■30坪の家を広く見せるテクニック
■30坪の家の価格相場は?
■千葉県の30坪新築実例


 

■30坪ってそもそも広い?狭い?

新築の打ち合わせ風景

わたしたちは普段メートル規格で広さを考えるため、「30坪の家」と聞いても広さをイメージするのは難しいはずです。1坪は畳二枚分の広さ、約3.3㎡なので、他の単位に換算すると以下のようになります。

  • ・30坪
  • ・60畳
  • ・約100㎡

 

まだちょっと分かりにくいので、4人家族で暮らす一般的な3LDKの間取りに当てはめてみましょう。

  • ・キッチン:4畳
  • ・ダイニング:4畳
  • ・リビング:12畳
  • ・トイレ:1畳
  • ・浴室:2畳
  • ・洗面所:2畳
  • ・玄関/廊下/階段:10畳
  • ・寝室:6畳×3部屋
  • ・収納合計:7畳

 

それぞれのお部屋のバランスは作り方によって変わりますが、お部屋ごとの大きさに分けるとイメージしやすいのではないでしょうか?30坪の家に必要な間取りを盛り込むと、「すごく広くはないけど十分暮らせる」広さに感じる方が多いと思います。ここを基準に、お子さんが3人以上居るご家庭や在宅ワークスペースが必要な方は、床面積をプラスしていくのが分かりやすいでしょう。

 

■30坪の家を広く見せるテクニック

畳を取り入れた和モダンの間取り

30坪あれば普通の生活を十分送ることができることは分かりましたが、間取の工夫でより広く見せることもできます。

 

・たっぷり収納でお部屋をスッキリ

お部屋を広く見せるコツの一つは、なるべく床に物を置かないこと。たっぷり収納を設けて物が見えない空間づくりをすると、実際の床面積よりお部屋を広く見せることができます。ホコリが溜まりにくくなり掃除機をかけやすくなるなど、毎日の家事ラク間取りにもつながりますよ。

 

・一つなぎのLDK空間

最近のトレンドとなっているリビング・ダイニング・キッチンのワンピース空間は、一部屋ずつに区切るより広く見える効果があります。例えば6畳の部屋を3部屋つくるより、つなげて18畳にした方が広々見えるといった具合です。縦長にして奥行感を強調したり、窓を増やしてより解放感をプラスしたりと広く見せるテクニックを盛り込みやすいのもメリット。

 

・広く見えるカラーを選ぶ

一般的にブラックやブラウンといった濃い色より、ホワイトやベージュといった淡い色の方がお部屋を広く見せることができます。これは淡い色が持つ膨張効果によるもので、お部屋全体に広がりが出て実際の床面積より解放感が生まれます。広く見せるなら壁・天井はベージュかホワイト系の単色でまとめ、フローリングも明るめのナチュラルカラーを選びましょう。

組み合わせるデーブルやソファといったインテリアも、広く見える明るめのカラーで揃えるのがおすすめ。アクセントカラーを使う場合も、暗いカラーはなるべく避けて全体の統一感を出すと圧迫感無くおしゃれに仕上げられます。

 

・自然光が入る窓と明るい照明配置

上でご紹介したように明るいカラーはお部屋を広く見せる効果があるため、日中の自然光と夜の照明配置にも気を配ると広さを演出できます。

リビングなどの居室はもちろん、廊下や階段もなるべく自然光が入るように窓を配置してあげると広々とした印象に。図面上だけで検討するのではなく、方角も見て時間ごとの日の当たり方なども考えてみましょう。

照明については、明るく広々見える昼白色系とリラックスしやすい暖色系を使い分けるのがおすすめ。圧迫感を出したくないキッチンはたっぷり明るい照明で広々見せて、落ち着いた時間を楽しむリビングは暗めの暖色にまとめるなど目的に合わせて選びましょう。リビングをさまざまな目的に使う場合、照明の系統を分けてパターンを切り替えられるようにしておくのも良いですね。

 

・そもそもの物を減らす

間取りのテクニックからは少し外れてしまいますが、新築への引っ越しはいらないアイテムを整理する絶好の機会です。間取りを検討するのと同時に今ある物を家族みんなで整理し、要らないものを処分して居住スペースを増やしましょう。1年を通して使わなかったものは捨てる、家族の思い出がある物は残す、といったルールを決めて取り組むのがおすすめです。「捨てるのがもったいないな」と思ったものはオークションや買取を利用すれば、新居のインテリア用品や設備に費用を回せて一石二鳥。

 

■30坪の家の価格相場は?

シンプルモダンの外観

新築住宅の間取り基準となる30坪の広さで建てたとき、どれくらいの価格相場になるかという点も気になるポイントですよね。このあと詳しくご説明しますが、住宅商品の価格相場は幅が広く、安くて質が悪い商品もあるため価格だけ見るのは危険です。品質・価格・プランの自由度のバランスにも注目しながら、価格相場の目安を考えてみましょう。

 

・新築住宅の価格はさまざま

土地の価格は別で建物価格だけを見たとき、同じような間取りで建ててもハウスメーカーや工務店によって坪単価は大きく変わります。会社によっては一千万円以上違うこともあり、一括りで相場を計算するのは難しいのが正直なところです。一見安く見える会社でも、実際に見積もりしてみたらオプションが膨れ上がって予算オーバーになってしまうケースも少なくありません。「30坪だから〇万円」という考えは持たず、「30坪でこの装備だと〇万円」というように、細かく相場観をつかんでいくのが良いでしょう。

 

・価格だけを見ると失敗するかも…

最近は注文住宅市場で「ローコスト住宅」と呼ばれる住宅商品を見かけることが増えてきました。30坪で一千万円台のリーズナブルなハウスメーカーはたくさんあり、テレビCMやチラシで見かけた方も多いかもしれませんね。

ローコスト住宅は、無駄な人件費や材料費の削減というハウスメーカーや工務店の営業努力によって成り立っています。しかし、中には単純に安い材料や職人を使って強引なコストダウンを図っている会社もあるため注意が必要です。運悪くこうした会社に当たってしまい、施工ミスやトラブルで悩みを抱えたまま暮らしている方も少なくありません。

 

・定額制自由設計という選択肢

30坪の家の一つの価格相場例として、わたしたちファンズライフホームの定額制自由設計プランをご紹介します。これは広さごとに定額制の料金設定をしているプランで、標準仕様の中からデザインと間取りを自由に選ぶことが可能です。具体的な30坪プランの価格と仕様についてまとめました。

 

  • 30坪プラン:1,390万円(税抜き)
  • 間取り:完全自由設計
  • 屋根:切妻・片流れの二種類
  • 内装テイスト:4プラン
  • 外壁テイスト:8パターン以上
  • 耐震等級3
  • 省エネ対策等級4
  • 耐風等級2

 

基本的に必要な設備はすべて備わった状態で、基本プランの中から選べばプラス料金はありません。デザインも複数のプランから選べるため、お好みに合わせておしゃれに仕上げることが可能です。耐震や省エネといった長く暮らすとき気になる性能面も、各基準の上限を満たしています。「長く暮らすための設備と性能を備えていて、自由なプラン作りができる30坪の家」として一つの予算目安にしてみてくださいね♪気になるポイントや疑問が御座いましたら、どんなことでもご質問ください。

【定額制&完全自由設計の家『JUKE BOX』】

 

■千葉県の30坪新築実例

上でご紹介した定額制自由設計プランで建てた、実際の建築事例をご紹介します。価格に対するデザインや間取りなどの参考にしてみてください。

 

30坪の新築の外観

せり出した一階部分の屋根をバルコニーに有効活用。たくさんの洗濯ものを干しても十分な余裕を設けています。

 

リビング階段の効率的な間取り

縦長で奥行感を出しているLDKはリビング階段の間取りにして、廊下スペースを省略。居住スペースを確保してさらに広々した間取りに仕上げました。

 

【敷地有効活用!中は広々コンパクトハウス】

 

30坪のおしゃれな新築

30坪弱の間取りですが、パステルカラーとナチュラルウッドの明るい配色で広々した印象に仕上げています。

広くておしゃれに見えるパステルカラーの壁

淡い色のアクセントカラーは、圧迫感を出さずにおしゃれな印象になるおすすめのデザインテクニックです。

 

【離れを建て替え パステルカラーの家】

 

2階のダイニング・キッチン

自然光がたっぷり入る2階リビングに吹き抜けを組み合わせて、より解放感を演出しました。

 

2階リビングの間取り

自由度の高いプランなら、2階にリビングや水回りを持ってくる選択肢も自由に選べますよ♪

 

【明るい日差しが降りそそぐ2階リビングの家】

 

■まとめ:自由な間取りづくりで広々快適な我が家を

今回は住まいづくりの基準となる30坪の間取りや費用についてご紹介しました。マイホーム探しにおいて予算は重要な要素ですが、性能やプランの自由度についてもしっかりチェックしましょう。

千葉県・茨城県で住まいづくりをご検討なら、ファンズライフホームの定額制自由設計プランもぜひご検討ください。創業120年を超える営業努力の末に、無駄なコストを省いたリーズナブルで自由な住まいづくりをご提案します。建売や賃貸では実現できない間取りもにも、柔軟に対応いたします。

【定額制&完全自由設計の家『JUKE BOX』の施工事例をチェック】

 

モデルハウスをはじめとして、千葉・茨城にご用意しているショールームでも家づくりをご相談いただけます。プロのアドバイザーや建築士と一緒に、3DやVR機能を使ってお客様のイメージを形にしてみましょう。見るだけ・聞くだけも大歓迎ですので、遊びがてらお気軽にお越しください。

来場予約フォーム

お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
ご住所 任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

来場予約

資料請求