S様邸の宅地と接道 – fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約

S様邸の宅地と接道

家づくり日記-PC用 家づくり日記-スマートフォン用

こんにちは!
本社のある成田はここ数日、寒の戻りがあって気温が低い日が続いています。
そんな中、街路樹の梅の花が満開になっているのを見るとほっとします。

成田市街路樹の梅

さて、今回は家を建てる時の敷地と、接している道路についての関係についてです。
現在間取りのお打ち合わせが進んでいるS様邸では、接している道路に対して奥に敷地が続く形となっています。

S様邸宅地

家を新しく建てる際には、建築基準法で定められた道路に2m以上接して建てなくてはいけないという決まりがあります。
この事を「接道義務」と呼びます。

ひとくちに建物を建てると言いましても様々な決まりが設けられています。
国内の土地は、この土地にはこのような建物を建てていきましょう、という土地の使いみちがあらかじめ決まっています。

これを「用途地域」と呼びます。
建築基準法が裁定された昭和25年11月23日以降の建築物が対象となっていてS様邸が建つ地域はもちろん住居を建てるための用途地域となっています。

S様邸ではまだ間取りは完全に決まっておられませんが、土地の南面が大きく開口しているので日差しをたっぷり取り込む事が可能です。

S様邸の接道

前回の間取りお打ち合わせでも登場した、仮の間取りから作成した模型です。
手前の接道に対して駐車場のスペースをどのように取るか、奥様とご主人様で色々とシミュレーションしていらっしゃいました。

S様邸の仮間取り

接道部分に一番近い建物の上に、大きく開口したスペースを作ってジャグジーを置く案も出ています。

これからまたS様のご希望を踏まえて変化していく間取りが楽しみですね!

◆ LIXIL 住まいスタジオでこれからの家づくりをfun’s life homeスタッフ一同で学んできました !
ぜひご覧ください。

LIXIL 住まいスタジオに行ってきました

家の断熱性の違いを体感 !「LIXIL 住まいスタジオ」探訪レポート

お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
ご住所 任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

来場予約

資料請求