使いやすいキッチン  – fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約
平屋モデルのキッチンです

使いやすいキッチン 

お世話になります。

設計担当カセデス。

前回の藤﨑からのお題

『使いやすいキッチン』

をお伝えしたいと思います。

平屋モデルのキッチンです

この写真は 平屋モデルハウス のキッチンの写真です。

とても使い勝手がよさそうなキッチンです。

 

そこで、私がキッチンを設計をする時に重要視していること 3つ お伝えします。

一つ目は ワークトップの高さ

二つ目は シンク、コンロ、冷蔵庫のトライアングルの距離の合計

三つ目は 使う人の利き手

を特に重要視します。

他にも要望によってはいろいろと加味することがあるのですが、とりあえずこの3個を重要視シマス。

 

一つ目の 『ワークトップの高さ』ですが 身長÷2+5㎝ と言われています。

自分はそこに+1㎝位がいいかと考えます。理由として スリッパの厚み をプラスするイメージです。

160㎝であれば 160 ÷ 2 + 5㎝ + 1㎝ = 86CM がベスト高さと考えます。

商品によっては1㎝単位で選べるものもありますのでよく吟味するのが良いでしょう。

迷ったら高めを選びましょう。高い場合はスリッパで調整できますが、低い場合はどうにもなりません。

 

二つ目の 『シンク、コンロ、冷蔵庫のトライアングルの距離の合計』は4.8ⅿ位にすることを心がけています。

またそのトライアングルから一歩で手の届くところに電子レンジなどの家電、2歩で食品庫があるとさらにgoodです。

 

三つ目の 『使う人の利き手』は、右利きでは左に加熱機器、左利きでは右に加熱機器になるように心がけます。

しかしその通りには中々いかないもので、どうしても動線、収納、キッチンからの眺めなどを優先すると、反対に

なってしまうことも多々あります。

 

キッチンのサイズや機能的なこともあるのですが、自分はこの3つを重要視してます。

キッチンを選ぶときは参考にしていただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

まとまりありませんがこの辺で失礼いたします。

次は森田による『床下収納庫』においての重要なお話しがあります。では。

 

 

 

 

お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
ご住所 任意
メールアドレス 任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

来場予約

資料請求