高気密-高断熱 | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約

家の中の温度差を少なくし、健康で快適な暮らしを実現

魔法瓶のような断熱性

冬のリビング、エアコンで快適な室内も、廊下やトイレは寒く感じるのでではないでしょうか?
この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響します。
そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

住まいの断熱性能を高めて家の中の温度差を軽減

温度差の今昔

家全体の断熱性能を高めると、家の中の部屋ごとの温度差が少なくなります。
各部屋を暖房機器を使用して暖めるのと違い、家全体が暖かくなって部屋間の温度差も少なくなります。
省エネルギー基準レベルの家とスーパーウォールの家を比較してみると、リビングとトイレの温度差が10.3℃から5.9℃に、リビングと脱衣所(洗面所)の温度差は11.4℃から7.2℃へ改善。
暖かなリビングから廊下や玄関へ出た時の不快なヒンヤリ感が軽減され、また、浴室やトイレにおけるヒートショックのリスク軽減にもつながります。
また、家全体の断熱性がアップすると冬は暖房しない状態においても室温が下がりにくいため、冷え込んだ朝に起きた時や外出して帰ってきた瞬間、その暖かさの違いが感じられることでしょう。

冬の家庭内事故の多くはヒートショックが原因

冬場、暖かいリビングから暖房をしていないお風呂やトイレに移動すると、寒くて震える経験をされた方も多いことでしょう。
浴室で熱いお湯に浸かって、更に入浴後に浴室から冷えた脱衣所に出る。この時に身体の表面温度は急激に下がり、血圧の乱高下によって深刻な疾患につながる危険性があるのです。
それが「ヒートショック」です。
家庭内の死亡事故の多くが寒い時期の入浴中に起こっています。温度差によるヒートショックによって、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞を引き起こしたことが原因とされています。
一般的な断熱性能の住宅の場合、リビングは23℃と暖かくても脱衣所では8℃程度。その温度差は17℃以上もあります。
一方、断熱性の高いスーパーウォール住宅の家なら、脱衣所や洗面室も暖かく22℃をキープ。リビングとの温度差も1℃程度で身体を冷やす事なく快適に入浴出来、ヒートショックの心配もありません。

部屋間の温度差だけでなく上下の温度差も少ない快適性

部屋の上下温度差

暖房をしているのに、足元が寒いと感じた経験はありませんか?
それは、気づいていない家の隙間から屋外の冷気が流入して足元に降りてくる事が原因です。
暖かい空気は上へたまり、冷たい空気は下へたまっていくという性質があります。これによって同じ部屋間でも上下の温度差が生じてしまいます。
気密・断熱性にすぐれたスーパーウォールの家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。
暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ小さなお子様に寒い思いをさせることもありません。
また、吹き抜けや高天井の空間においても上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する必要がありません。
もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。