家の断熱性の違いを体感!「LIXIL 住まいスタジオ」に行ってきました | fun's life home

新築 注文住宅 平屋 千葉県・茨城県・新築のファンズライフホーム・ハウジング重兵衛グループ

お電話で相談
資料請求・お問合せ
来店日時予約

住まいスタジオに行ってきました

先日、当社設計チームと新築アドバイザーが、新宿のLIXILショールーム内にある「LIXIL 住まいスタジオ」を訪れました。住まいスタジオでは、昔の家/今の家/これからの家の3つに分かれた戸建てをイメージしたブースの中で、それぞれの家での冬の寒さを体感出来るようになっています。
床の上にスリッパを脱いで立ったり、座ってみてどのように温度を感じるかを実感 !
また、断熱材や窓、壁の違いによる「冷え」の感じ方など手で、身体で触れて/見て、比較体験を当社新築スタッフ全員で行ってきました。

夏は涼しく、冬は暖かく。家の断熱性能によって大きく暖房費も変わってきます。図面上だけではわからない、家の断熱性やこれからの快適な住まいづくりのためのヒントがたくさんありました。
「LIXIL 住まいスタジオ」のレポートを撮影画像と共にご覧ください。

それぞれの時代のここに注目

昔の家/今の家/これからの家のレポートで、注目ポイントを3点、先にお知らせします。
1つめ、生活スタイルの変化と、断熱性能のアップとともに服装も変化していく様子。
2つめは、それぞれの時代で違う窓などの設備の断熱効果による、年間暖房費の違い。
3つめは、暖房室と非暖房室の温度差によるヒートショックのリスクと注意です。
以上を踏まえて下記レポートをお好きな時代からご覧ください ! 各時代の違いが画面から伝わると幸いです。

目次へ

昔の家(冬)体験ブース

昔の家(冬)体験ブース

新宿LIXILショールーム内に併設された「LIXIL 住まいスタジオ」の入口です。奥に扉があり、その中は温度差を確実に体感出来るように室内の温度管理がしっかりとされています。当社スタッフが入ると奥の扉が閉まり、ご案内担当のアドバイザーの方と一緒に各ブースをめぐる構造になっています。

昔の家(冬)体験ブース

最初は着座して3分ほどの動画で、各ブースの簡単な説明と触れてはいけない場所などの注意事項を聞きます。室内はサーモグラフィのモニターが設置されていて、実際に中に入った人達の体温を感知する仕組みとなっています。

昔の家(冬)体験ブース

最初は昔の家から。設定基準は昭和55年(1980年)。LIXILスタジオに訪れたのが2020年2月でしたので、その時点から40年前を想定した家の作りを再現していて、当時の「省エネルギー基準」による住宅をを体感できます。

昔の家(冬)体験ブース

入った部屋はリビングを想定した間取り。大きな掃き出し窓とエアコン、フローリングと、洋間を再現しています。まだ1つめのブースですが、アドバイザーの方の説明によると今居る昔の家では掛かっているカーテンが厚く、そのカーテンの力も借りて断熱効果を上げようという工夫をして暮らしている家族を再現しています。

昔の家(冬)体験ブース

入った部屋はモダンな洋間でしたが、パネルの説明のイラストの方が当時の実際の家をより忠実に再現しています。こたつにストーブ、お子様達も背中が丸まり寒そうですね。昭和55年(1980年)、当時まだエアコンは一般的ではありませんでした。筆者の学生時代はまさにこのような時代。当社スタッフからも、「私の家もこうだった」という話が出ていました。

昔の家(冬)体験ブース

「スリッパを脱いでフローリングに座ってみてください」というアドバイザーの方のお声がけで、ストッキングやくつ下でフローリングに。口々に「冷たいね」という声が。床がひんやりとします。また、立っていた時はエアコンの風で暖かかったのですが座ってみると暖かい空気が循環しておらず、更に冷たく感じました。

昔の家(冬)体験ブース

部屋のあちこちを触って体感すると、窓ガラスの冷たさが特に強く感じます。実家暮らしの際、筆者の家でも外との気温差で冬になると結露が良く発生していたのを思い出しました。

昔の家(冬)体験ブース

設置されているサーモグラフィの画像がこちら。ご覧のように、それぞれのスタッフの上半身はオレンジや赤い色で暖かい事を表していますが、足元に注目すると温度が低いグリーンに変化しています。やはり、足元まで暖房効果が循環しておらず冷えている事がこの画像からも判ります。年間の暖房費はこの部屋の基準で計算すると28,000円。

昔の家(冬)体験ブース

昔の家で一般的だった断熱性を表す図です。当時の「省エネ基準」を満たすアルミサッシの単板ガラスや天井、床のグラスウールによる断熱材が施されています。

昔の家(冬)体験ブース

先ほど居たリビングからドアを開けて続く廊下を再現した場所に全員移動しました。部屋から出るなり、口々に「寒い、寒い」という声が上がります。暖かい部屋から暖房の無い廊下やトイレへ行くのが億劫になるほどの温度差です。実際に当社のお客様でも、築30年経過したお風呂場が冷たくて嫌だから…という理由でリフォームの依頼をされる方が多くおられるのも納得です。

昔の家(冬)体験ブース

「ヒートショック」について説明しているパネルです。冬場のトイレや浴室・脱衣所で感じる急な温度差が体へのストレスとなり血圧の急上昇などの負担を生み、心筋梗塞などを引き起こす要因となります。この現象をヒートショックと呼び、一般的には温度差が5度以上あるとヒートショックのリスクが高まると言われており、近年注意喚起さているキーワードです。

目次へ

今の家(冬)体験ブース

今の家(冬)体験ブース

今の家のブースに来ました。今の家の設定は平成28年(2016年)。数年前の基準で建てられた家を再現しています。昔の家の「省エネルギー基準」よりも、より断熱性能の向上が求められる作りとなっています。

今の家(冬)体験ブース

今の家のパネルイラストです。昔の家の時との違いは、エアコンやホットカーペットが登場している事です。昔の家の時のお子さんやペットの猫ちゃんは寒そうにしていましたが、平成28年(2016年)の今の家では快適そうに過ごしているのが伝わります。

今の家(冬)体験ブース

「内装、インテリアの違いも比較してみてください」と、カーテンを示しながらアドバイザーの方が説明してくださいました。昔の家よりもカーテンが薄く、レースカーテンのみとなっています。部屋に設置されている黒い球体は、体感温度計となっています。

今の家(冬)体験ブース

こちらの今の家の中でも、座ったりスリッパを脱いで温度が違うかどうかの体験をしましたが、多少の温度差は感じたものの昔の家の時ほどではありません。スタッフも「さっきと違うね」と昔の家の時に体感した温度差を思い出していました。

今の家(冬)体験ブース

今の家の、サーモグラフィの画像です。どのスタッフの足元も黄色やオレンジ色で、足元の体温が下がっていない事が判ります。また、年間の暖房費はこの基準で計算すると13,000円。昔の家の基準より15,000円も抑えられています。

今の家(冬)体験ブース

窓ガラスにも触りましたが、今の家基準では複層ガラス(二重ガラス)となっていて、外気の冷たさを感じません。外気との気温差があまり無いという事は、結露のリスクも減ってきます。

今の家(冬)体験ブース

今の家の断熱性を表す図です。昔の家の時よりも壁や床のグラスウール(図ではGWと表記)による断熱材が厚くなっています。壁や天井が50mmから85mmと35mm増、床は同じ50mmですが性能の良い断熱材が使用されており、断熱効果が高くなっています。

今の家(冬)体験ブース

断熱性が向上しているものの、今の家でも暖房の入っている部屋と廊下やトイレなどの非暖房の場所とでは温度差が最大8度出来てしまう事が説明されています。

目次へ

これからの家(冬)体験ブース

これからの家(冬)体験ブース

続いては「これからの家」。HEAT20 G2基準となっています。HEAT20とは居住者の健康維持や快適性の向上を目的として民間団体・有識者で設立された「2020年を見据えた住宅の高断熱化 技術開発委員会」が定めた、より断熱性の向上が施された住まいの基準の事です。

これからの家(冬)体験ブース

これからの家のパネルイラストでは、家そのものの断熱効果が高いため冬でも家族全員が軽装です。窓の断熱効果も向上しているので窓際で床に座って奥様のお料理が出来上がるのをお子さんたちと遊びながら待っているイラストとなっています。冷え性・寒がりの筆者からすると羨ましい限りです。

これからの家(冬)体験ブース

これからの家のインテリアは、夏なのか冬なのかが一瞬では判らないようなしつらえになっています。筆者の冬のリビングのお供、ひざ掛けなどがなくカーテンも薄いボイルカーテンのみ。また、窓ガラスはLIXILの高性能ハイブリッド窓、サーモスXを採用。従来の複層ガラスよりも、更に30%の断熱性の向上が図られた窓となっています。

これからの家(冬)体験ブース

この家でも、これまでど同様にスリッパを脱いで床に座る体験をしました。今の家の時でも温度差をほぼ感じませんでしたが、今いるこれからの家基準では差があるのかどうかも体感では判りませんでした。

これからの家(冬)体験ブース

これからの家のサーモグラフィ画像です。ご覧のように、身体全体がオレンジというよりも赤い色で表示しており、寒さ・冷たさを感じていない事が判ります。また昔の家/今の家/これからの家の各サーモグラフィをこの部屋では全て表示していましたが、比べてみますと特に床の色が温度がそれぞれ違うという事があらためて画像でも判ります。そして、年間の暖房費はこの基準では7,000円。昔の家の28,000円と比較して4分の1まで低く抑えられています。

これからの家(冬)体験ブース

これからの家の断熱性を表す図です。天井、床、壁、ともに厚みを増し、断熱素材も断熱性がより向上する素材が使用されています。HEAT20 G2は、高断熱・高気密で気温差の無い居住空間を提唱したグレードです。先に昔の家でも述べました「ヒートショック」の心配も減り、健康で快適に暮らせる住まいとなっています。

これからの家(冬)体験ブース

ヒートショックについて触れましたが、こちらは、これまで見てきた3つの時代の室内で、暖房室と非暖房室の温度差の違いを図式化したものです。これからの家では温度差が5度、今の家では9度の差、昔の家になりますと温度差は実に11度。いかに身体にとって温度差が負担であるかが良く判る図となっています。実際に、先ほど昔の家ブースで廊下に出た時の温度差が蘇ってきます。

これからの家(冬)体験ブース

「熱交換喚起システム」の説明図です。一般的な24時間換気システムと違い、熱交換喚起システムでは外気を冬は温め、夏は冷やして家の中に取り入れる事が可能な、省エネを叶えたシステムです。

これからの家(冬)体験ブース

LIXILの熱交換喚起システム、「エコエア90」の展示です。上のイラストでも示しているように、冷たい冬の外気をいったん取り入れて熱交換を行ったあと、快適な室温を供給できます。

目次へ

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い
体験ブース

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

続いては、これまで「冬の室内」を想定した各時代の家から一周して出て、冬の屋外を再現したブースへ。ここでは、これまで暖かかった家の中から、一気に外気0度の世界へ進みます。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

中に1歩入りました。スタッフ全員が「わぁー寒い」と口にして肩をすぼめたり身体をさすったりし始めました。なぜだか寒いと笑ってしまいますね。筆者の場合、寒すぎると食欲も増えてしまいます。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

これまで中から見ていた各部屋を、今度は外気0度の外側から見るコーナーです。それぞれの家の窓ガラスをぜひ触ってみてください、とアドバイザーの方からお話があり、触って温度を確かめます。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

ガラス部分だけではなく、各時代でサッシ部分の素材が違っており、触ってみた時の体感温度も違うとの事。とにかく全員で色々な場所を触ってきました。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

こちらは、外から計測した昔の家/今の家/これからの家のサーモグラフィ画像です。ご覧のように昔の家の窓ガラスは赤くなっています。つまり、暖かい室温が外に漏れているのが判ります。つい最近の今の家ですら、サッシの外周が赤く、中から外に暖かい室温が漏れています。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

ひと通り確かめて、次のブースに移ります。外気0度の世界から先ほどまで居た暖かい部屋の中を見るとマッチ売りの少女のような気分になってきます。さぁ、次は暖かい場所へ移動です !

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

各時代、それぞれの断熱材を模した展示です。壁などの断面に、どのような素材がどのくらいの厚みで入っているかが判るコーナーとなっています。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

1つめは、昔の家の壁断熱。石こうボード、筋交いに交じってグラスウールの断熱材が50mm入っています。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

こちらは今の家の壁断熱です。グラスウールの断熱材が昔の家の50mmから85mmに厚みが増し、透湿防水シート等が施されています。

冬の屋外(外気0度) 断熱の違い 体験ブース

最後は、これからの家の壁断熱です。LIXILのスーパーウォール工法を取り入れた壁で、断熱材の材質がグラスウールから、より断熱性の高い硬質ウレタンフォームとなり、厚みも100mmに変わっています。

目次へ

夏の室内 体験ブース

夏の室内 体験ブース

次のブースは、夏のスタジオ。真夏のリビングの日差しと室温を再現しています。南からの強い日中の日差し、夕暮れの西日の照りこみを体験したうえで夏の日差し対策を確認できます。

夏の室内 体験ブース

こちらは南の窓です。リビングの掃き出し窓から、強い夏の日差しが徐々に入ってきます。夏のスタジオではライトで日差しを表現していますが、暑そうな夏の感覚が蘇ってきます。

夏の室内 体験ブース

夏は太陽が高い位置にあるため、南の窓からはほぼ真上から日差しが差し込んできます。夏の南面の日差し対策には、オーニングと呼ばれる日よけが効果的です。

夏の室内 体験ブース

リビングの脇に設置されているデッキテラスの上部から、日よけのオーニングが伸びてきます。暑く感じられた日差しが徐々にさえぎられていきます。

夏の室内 体験ブース

ほぼ伸びきった状態のオーニングの画像です。太陽を模した上部のライトからの日差しがカットされ、影を生んでいるのが判ります。

夏の室内 体験ブース

続いては、同じ部屋にある西向きの窓。夏の夕暮れ時、強い日差しが西日となって窓から奥の方まで差し込んで、部屋の温度を急激に上げます。

夏の室内 体験ブース

太陽の光を模したライトが低くなって部屋の的から差し込んできました。夕方のオレンジがかった日差しを忠実に再現しています。

夏の室内 体験ブース

西日は太陽の高さが低いため、外付けの日よけシェードなどで遮って室温の上昇を和らげると効果的です。また、四季によって太陽の高さや日差しの入る角度が違うため、夏と冬とで対策を変える工夫をすることで省エネ効果が得られます。

夏の室内 体験ブース

こちらは、外付けの様々な日よけシェードの紹介です。お部屋のインテリアに合わせて色や素材を選ぶ事で、その家に合わせたスタイルのシェードで室温の上昇を和らげる事が出来ます。

夏の室内 体験ブース

アドバイザーの方から、様々な種類のシェードの説明を受けている当社スタッフ。日本では葦簀(よしず)など昔からの知恵で日差しから守る知恵があったというお話に納得。

夏の室内 体験ブース

こちらは、窓に取り付けるシャッタータイプの日よけ。シャッターを閉めたまま通気が可能な仕掛けになっています。室内から見ると、小さな四角い部分から外気を取り込めるのが判ります。

夏の室内 体験ブース

シャッタータイプの日よけを外側から見た画像です。ご覧のように、ぴったり閉じてしまえば普通のシャッターです。当社スタッフもこれは便利だと近づいてじっくり見ています。

夏の室内 体験ブース

通気が可能な状態にしたところをアップで撮影しました。ごく細い通気口なので、防犯性も保たれているという便利なアイテムです。

目次へ

窓の温度 素材の比較
体験ブース

窓の温度 素材の比較 体験ブース

窓に使用されている素材の比較ができるコーナーに進んできました。各素材をアイスクリームのスプーンに見立ててあり、スプーンを触る事で比べる事が出来る楽しいコーナーです。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

本物のようなアイスクリームのカップの後ろ側には、サーモグラフィで体温や周囲の温度が判る仕掛けになっています。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

各アイスクリームのスプーンの素材、答え合わせはこちら。左から、ハイブリッド(樹脂+アルミ)、中央が樹脂、右がアルミです。それぞれの熱の伝わりにくさが違うのが判ります。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

後方のサーモグラフィですぐに温度が確認出来るのが楽しく、男性スタッフも女性スタッフも並んでわいわい体験中。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

素材によって熱の伝わり方が違うので、樹脂とアルミを使ったハイブリッド素材などは触る場所にもよって違うとの説明を受けてますます興味深々で体験しました。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

最後のコーナーは、窓フレームやガラスの違いを比較できるコーナーです。高性能な複層ガラスなどの断熱性を確かめる事が出来ます。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

性能が良い順に左から並んでいて、樹脂窓のLEGARIS(レガリス)。フレームの温度は21.2度、ガラス面の温度は21.6度です。LEGARIS(レガリス)はLIXILが技術の粋を集めて創造した世界初の高性能5層ガラスです。 次は樹脂窓のERSTAR-S(エルスター)。フレームの温度は19.0度、ガラス面の温度は20.5度です。ERSTAR-S(エルスター)は複層ガラスです。 右から2番目の窓はハイブリッド窓のSAMOS-X(サーモス)です。フレームの温度は17.7度、ガラス面の温度は20.1度です。SAMOS-X(サーモス)は樹脂とアルミと樹脂のハイブリッドの複層ガラスです。
最後はアルミ窓のDuos-SG(デュオ)。フレームの温度は11.5度、ガラス面の温度は15.2度です。Duos-SG(デュオ)は、アルミサッシの単板ガラスです。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

LIXILで取り扱う、高性能なサッシの断面の展示です。先ほどの窓の比較で世界初の高性能5層ガラスLEGARIS(レガリス)の良さがわかった当社スタッフからは、住居のどの部分の窓をLEGARIS(レガリス)にしたら効果的か、といった質問が上がりました。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

こちらは、最近よく聞く「ZEH(ゼッチ)」についての説明コーナー。ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称。断熱+省エネ+創エネを組み合わせることで、年間の一時エネルギー=消費量の収支が正味ゼロとなる住まいの事です。国のエネルギー政策では2030年を目標に、新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)化を目指す取り組みを行っています。

窓の温度 素材の比較 体験ブース

最後の展示は、LIXILの高性能の玄関ドアの紹介です。窓や壁がしっかり断熱されていても、玄関ドアから熱が逃げてしまっては意味を成しません。こちらでは、GIESTA2やGRANDEL2といった断熱性の高い玄関ドア の展示がされていました。

ここまで、3時代の内装・断熱性の違いや窓や玄関などの設備の素材の違いで大きく断熱性が違ってくる事を体感してきました。参加したスタッフは、これからfun’s life homeで家づくりをお考えのお客様へしっかりとお伝え出来るよう、1つ1つのコーナーで積極的に質問等を行い、とても実のある訪問となりました。
近年話題の「ヒートショック」。LIXILの方のお話では、ヒートショックは家の構造が引き起こすといっても過言ではないとの事。理論で頭では判っていても、今回実際に部屋の温度差を身をもって体験した事で、お客様へ現実味を持ってより効果的な家の断熱性についてご提案が出来ると自負出来る、貴重な機会となりました。最後までご覧いただきありがとうございました。
fun’s life homeの家づくりは、下記ページでもご紹介しています。ご不明な点がありましたら、ぜひお気軽にお問合せください。スタッフ一同、お客様の家づくりを丁寧にお手伝いさせていただきます。

fun’s life home の家づくりは、
下記ページでもご紹介しています。









お問合せフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
相談ご希望店舗 必須
お名前 必須
電話番号 必須
ご相談内容任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。